カラコンを買うなら眼科に行きましょう!!

今の時代カラーコンタクトはコンビニや薬局、雑貨屋さんなど様々な場所てわ手軽に購入することができます。ですが、手軽に購入できすぎることも問題の一つです。コンタクトレンズの度数をきちんと把握していないのに購入し、装着し続けていると視力の低下にも繋がります。そこでカラーコンタクトを購入したいと思っているのではあればまず最初に眼科へ行きましょう。
まず、眼科で視力検査をしてもらいましょう!
コンタクトレンズの正しい度数を測ってもらいましょう。そうすると眼科では必ずコンタクトレンズのつけ方を教えてくれます。お手入れの仕方などコンタクトレンズを扱う上で知っておかなければならない注意事項を教えてくれるのでしっかりと聞いておきましょう。

 

まずは眼科でカラーコンタクトを購入しましょう!

今では眼科でもクリアなコンタクトレンズの他にカラーコンタクトが購入できちゃうのを知っていますか?ディファインなど比較的カラーコンタクト初心者でも安心してつけられるコンタクトレンズが置いてあります。市販のコンタクトレンズに比べて医療機関で購入できるカラーコンタクトはうるおいや薄さ、付け心地が全く異なってきます。長時間つけていても目が疲れてくることも少なくドライアイになる心配もありません。
市販のカラーコンタクトに比べると多少高かったりはしますが、安全面の保証は万全です。やはり市販のカラーコンタクトは安いのですがそれなりなつくりをしています。カラーコンタクトが目の中で破れてしまい目に傷が入ってしまったり、厚めのコンタクトレンズが目の中でゴロゴロと違和感になってしまうなんてこともありえます。
なので、まずは眼科で購入したカラーコンタクトから始めるといいでしょう。
眼科で購入したカラーコンタクトに慣れてきて余裕がでてき、様々なデザインのカラーコンタクトを試してみたい!そんな風になってきたら市販のカラーコンタクトを少しずつ試してみるというのがいいですね!
一方で眼科で購入していたカラーコンタクトの方が付け心地が断然に良いので市販で購入したカラーコンタクトは付けられない。といった意見も少なくはないようですね。医療機関なので安心感もありますし、そういった面でも眼科で購入する方は少なくはないでしょう。視力が下がってしまったり、目に傷が入ってしまったりしてからでは遅いので初めから自分が安心できる場所で購入するということはとても大切なことですよ!